Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

豪鬼メモ

一瞬千撃

運動会、他

土曜は上の子の運動会があった。換算90mm画角であるところのM.Zuiko 45mmで足りるかなと思ったが、全然足りなかった。この例のごとく、面積半分以下にトリミングするはめになることが多かった。

GWの思い出2

下の子がキャンプで不在であるGW。後半も引き続き上の子をもてなした。碑文谷フレンドパークという目黒区がやっているスポーツイベントに行ってきた。

母の日

核家族である当家において母といえば妻であるわけだが、私の母ではないので、私が何かを計画する謂れはない。とはいえ何もないのもさびしいので、上の子に耳打ちしたところ、メッセージカードを作るということになった。前日夜に私の部屋を「お母さん入室禁…

GWの思い出1

今年のGWの目玉は、下の子が乗馬キャンプにデビューすることであった。上の子と一緒に行かせてもよかったのだが、それでは姉に甘えてしまって自立心を最大限に引き出せないだろうということで、単身で送り込んだ。上の子はちょっと寂しそうにしていたが、そ…

若洲公園

プロフェッショナル仕事の流儀というNHKの番組で見た巨大クレーン船の乗り組み員達の仕事っぷりに感心したのだが、この東京ゲートブリッジも同じ会社が施工したらしい。この記事とかが面白い。下の子にはまだロマンを語るには早い気がするが、この場所は好き…

新緑と寿司と自転車と亀

新緑の眩しい季節である。今日のように快晴だと、近所を散歩しているだけで気分が爽快になる。

お見送りと通勤

最近は早めに出社するように心がけていたため、上の子を学校まで送ったその足でそのまま通勤することが多かった。そうすると下の子のお見送りは妻に任せることになるのだが、それが下の子にとっては悲しかったらしい。突然泣き出してそう言ってきた。という…

知的な日曜日

日曜は早めに起きて、パンケーキ作り。ひっくり返すタイミングの極意を習得した。気泡の進化が止まったらその時だ。以後MZ17。

公園めぐりの土曜日

週末が来る前に子供達の中で既に予定が立てられていることが多く、そしてなぜか「お父さんと○○に行く」とかいう事項が私の了承なしに決定されていたりする。そして先週末は代々木公園に行くことになっていた。断ることも論理的には可能であるが、彼女らの円…

大阪

大阪で最も思い出に残ったのは、新世界のジャンジャン横丁で食べた串カツがうまかったことかな。

青山霊園の桜

都心にある桜の名所である割には花見客が皆無である青山霊園。墓場とはいえ、景色は綺麗で気持ちが良いところなので、通勤途中に寄り道して桜を愛でてきた。MZ17。

清水寺・鉄道博物館

京都旅行三日目は、雨天だった。朝食は駅ビルのイノダコーヒにて。京都在住の知人が言っていた「京都人はパンとコーヒーが好き」という仮説が本当に他の都市に比べて有意なのかは分からないが、美味いが高いイノダコーヒに朝から列を作る程度にはパンとコー…

嵐山・保津川下り・北野白梅町

京都旅行三日目の話である。嵐山周辺の観光と保津川下りをした。実際には、私だけは嵐山まで行ったものの、前日に飲み過ぎた影響で吐きそうだったので、渡月橋の横の公園のベンチでずっと寝ていた。前例E-M10とM.Zuiko 17mm F1.8。

目黒川の桜とBCL0980

通勤途中に通りかかるので暇つぶしに目黒川の桜を撮っている。今日は生憎の小雨模様だったが、魚眼レンズ付きレンズキャップBCL0980がかなり桜撮りに使えるということを発見した。この場所の特徴である、「天蓋の如く川の上を覆う花枝」を表現するのに、換算…

目黒川桜まつり

今年も桜の季節がやってきて、目黒川沿いの道は見物人で埋め尽くされている。そして私も今朝せっせとスタンプを集めてきた。全例E-M10にM.Zuiko 25mm F1.8。

伏見稲荷

学生の頃に京都に住んでいたのだが、伏見稲荷にも行ったことがなかった。住んでると観光スポットには行かないの法則。ともかく、子供達の思い出としては典型的なシーンがあった方がよいので、まずは有名どころから回るのが当家流。で、東寺の次は伏見稲荷。M…

東寺

「写真は大人のスタンプラリー」というのは私が考えた標語だ。旅行写真なんてのはその典型で、プロアマ問わず既に素晴らしい写真が何万枚も撮られているにもかかわらず、その劣化版をなぜかわざわざ現地に行って自分で作りたがるのだ。その様がスタンプラリ…

三菱みなとみらい技術館

リニューアルした三菱みなとみらい技術館に行ってきた。実は私は昔このビルで働いていたので、懐かしい。休日は混むので、開館15分前くらいには並ぶのがいいらしい。全例E-M10とMZ17。

夏生のティーパーティ

居間の壁にこんなポスターが貼ってあった。近日中にティーパーティが開催されるらしい。たのしいらしいので、こぞって参加せねば。MZ25。

春の休日

この季節に外を出歩いていると、不意に良い香りがしてくることがある。秋の金木犀に匹敵するくらい、春のその香りは追憶を刺激してくる。花の名前が何かよくわからないで今まで生きてきたが、さっきTwitterで「春 花 香り」で検索したら10秒でわかった。Inte…

中望遠修行

子供たちが大きくなってきたので、中望遠画角のレンズを使うことが増えてきた気がする。ところで、レンズの焦点距離と画角の関係を以前の記事でまとめたが、なんでその計算になるのかを今一度振り返ってみる。

大蔵運動公園

昨日は碑文谷公園ポニー教室の来期分申込開始日で、出席番号1番を取りたいそうで、朝に開園前から並んで出しに行った。出席番号にそんなこだわりがあるとは。しかし、前期からの連番なので1番目に出しても1番にはならないということが判明。なんなんだこの茶…

コロナ・ハイツ・パーク

出張でベイエリアに来て休日にやることと言えば散歩しかないんだけども、またもサンフランシスコを歩いてきた。いろいろ回ったが、今回の目玉はCorona Heigts Parkである。Twin Peaksに比べたら知名度は全くないようなものなんだけど、こちらの方が断然素晴…

アスレチックと誕生日パーティ

出張前にお父さんとたっぷり遊びたいというリクエストをいただいたので、子供達とフィールドアスレチックにでかけた。前回行ってお気に入りになった、つくし野コースである。春の陽気も心地よく、満足していただけた模様。MZ25。

成田空港の中にある謎の神社

成田空港の敷地に囲まれた飛び地のような神社があるという話を聞いて、行ってみた。噂に違わぬ、不思議な風景がそこにあった。

セタガヤ春の公園めぐり

上の子が動物クラブの懇親会に出かけていったので、下の子だけつれて公園めぐり。春の晴天日はどこにおでかけしても気持ちが良いので、近所の公園をめぐるにはうってつけだ。良い笑顔撮れ〼。今回全例E-M10とM.Zuiko 25mm F1.8。

春一番

吹いたらしい。確かにやたら暖かくて通勤時にうっすら汗をかくくらいだった。そんな中、通りかかった菅刈公園の河津桜がなかなか見事だった。MZ45。

チャリ通と六本木

寒い中、チャリ通するのは正直辛いなーと思うこともあるのだが、カメラを鞄に入れるなり首から下げるなりしつつ、「いい景色を探しながら進む」ということをすると気がまぎれるのでよい。

キッザニア東京

上の子がキャンプで不在なので下の子をチヤホヤするチャンスということで、豊洲のララポートにあるキッザニア東京に行ってきた。子供達がいろんな仕事に挑戦できるテーマパークである。2/3スケールの街が再現されていて、その中で消防士やら宅急便配達やら雑…

何もない誕生日

子供のではなく、私の誕生日である。あいにく、上の子はスキーキャンプに行ってしまったので、家族揃ってのパーティは無しということに。MZ17。

早咲きの桜

朝、上の子を小学校まで送ってから、帰りに近所の寺に寄ったら、早咲きの桜が咲いていた。M.Zuiko 25mm F1.8。

立春

節分の次の日は立春であるというか、定義上は立春の前の日が節分ということらしいのだが、まあとにかく暖かい日が増えて春が近づいて来ているのを実感する。近所に梅が咲き始めた。MZ25。

節分の儀

朝、「今日は鬼が来るよ」と子供たちに伝えておいて、その時のための豆を準備。MZ17。

チャリ通と渋谷

寒い季節だが、だからこそチャリ通をお勧めしたい。なぜなら、風邪を引きにくいからである。ウィルスの巣である電車やバスを回避できるだけでなく、大して辛くない割に基礎的な体力がつく。電車通勤をしていた昨年までは年3回は風邪を引き、インフルエンザ…

帰ってきたE-M10

落として壊れたE-M10だが、一昨日帰ってきた。購入した際に3年延長保証に入っていたので、それで無償で修理することができた。購入日から2年と7ヶ月経過していたので、ギリギリだった。年季が入ってくると、こ汚いのが逆に愛着の源になってくるね。おかえり。

Google Photosに圧縮TIFFを保存する際の投機的なサイズ設定

Google Photosに16ビットTIFFを保存するワークフローを確立したのだが、その際の画像サイズの設定について考えてみた。ZIP圧縮を考慮すると、ちょっと大きめの画像を保存できる。

デジカメの画像データの色空間を再検討

現像済みの写真データを保存するにあたっては、色空間を選択せねばならない。今までは特に深いことを考えずにsRGBやAdobe RGBを選択していたが、そのあたりをちょっと調べてみた。結論としては、これからはProPhoto RGBを使っていこうということに。

遅れてきた正月を長野にて

バリ島にいたので正月らしいことを全くしていなかったから、成人の日の三連休では長野の実家に帰省してきた。相変わらず何もないところだが、景色だけは一級である。BCL0980

バリ島で年越し その弐

旅程の後半は、ヌサドゥアというリゾート地帯で過ごした。楽園じゃー。

バリ島で年越し その壱

1年前からマイルの特典航空券を予約するという妻の努力により、今年の冬休みはバリ島9泊10日旅行に行くことができた。楽園じゃー。

ボディキャップ魚眼レンズBCL-0980用のLightroom現像設定

マイクロフォーサーズ規格のカメラを持っていたら是非とも入手すべきと言いたいのが、魚眼レンズ付きボディキャップBCL-0980である。実売8000円程度と安価で、文字通りボディキャップとしての大きさしかない割には、良く写るし、遊べるレンズである。魚眼レ…

コントラストの調整

この写真は、ちょっと気に入っている。当家が2年前まで住んでいた家のすぐ近くなのだが、別に街並みを撮りたいわけじゃない。画面中央付近に見える自転車に乗った母娘が、マンションの谷間から差す西日に照らされた瞬間を捉えていて、なんか日常の一瞬を切り…

小春日和

「『お父さんと一緒に居る時間が少ない』と子供達が言っている」と妻が言うので、真に受けて子供達との時間を大切にせねばなぁと思う次第。

オリンパス機用Lightroom現像設定最終版

この数日、暇を見つけてはLightroomの現像設定をいじっていたが、そこそこ満足するものに行き着いた。この絵だ。赤すぎず緑すぎず青すぎず派手すぎず。

Lightroomプロファイル難民

Lightroomの現像設定の俺デフォルトを探す旅が未だに落ち着かない。バッチ処理で適応する自分好みのプリセットをひとつ決めたいのだ。作例ごとに設定を試行錯誤して追い込むのが理想的であるとしても、ベースラインとしての俺デフォルトがある方がいい。もち…

フライングクリスマス

寒い日々が続く。子達を学校と幼稚園にお見送りするのが辛い。寒空の下でも奴らは満面の笑みでかけっこなどしているが。

濃すぎる写真の対応

米国出張のどさくさで結婚記念日を祝いそこねていたので、先週末に子供たちが英語教室のクリスマスパーティで不在の間に妻とランチでもして祝おうということになった。が、時間が中途半端すぎて小粋なレストランは見つからず、散歩でもして語り合うことに。…

Lightroomのカメラプロファイルの色味その弐

オリンパス機とLightroomの組み合わせでうまいこと絵作りをする設定を前回から探っているが、さしあたっての結論が出た。この絵が好きだ。シャドーからハイライトまでくっきり視認できて、しかもフラットにならずに立体感がある絵。

Lightroomのカメラプロファイルの色味

OM-D E-M10のセンサーとLightroomの組み合わせでどんな絵がでてくるかを前回の記事で見てみたが、同じ現像ソフトウェアでも設定によって全く異なった絵を出力できるわけで、デフォルトの出力だけ見るのはあまり意味がない。それなりの設定をした上で自分の所…

Lightroomよさげ

出張中にOlympus Viewerが使えなかったのでMacにバンドルされているPhotosで現像していたのだが、かなり描写が異なるので新鮮だった。描写を決める三大要素はレンズ、センサー(またはフィルム) 、画像処理エンジン(または現像工程)と言われるわけで、PC…