豪鬼メモ

一瞬千撃

所沢、入間、他

M.Zuiko 17mm F1.2 Proがあれば、大口径なので、主要被写体から離れて撮ってもそこそこボケ感のある絵が撮れるはずだ。25mmに比べるとボケ半径が0.68倍になるが、F1.8からF1.2に1段上げることでボケ半径が1.41倍になるので、双方を掛けて0.95倍だ。航空公園の飛行機をSTFモードで美ボケを演出しつつももっと広く撮れるんじゃないかと思ってやってみた。STFモードなので17mm F1.8相当のボケになる。6mくらい離れて撮っている。

Read more

17mm F1.2の屋外実写

またサブスクリプションサービスを使って、オリンパスのM.Zuiko 17mm F1.2 Proを借りた。45mmと25mmのProレンズの時と同様に、外で見かけた適当なものを撮ってみた。最初の例は、ハチ公像をF1.2で撮ったものだ。犬の高さは85cmだそうだが、それを1.5mくらい離れた位置から撮っている。大人の上半身ポートレートと同じような距離感だ。他のProレンズと同様に、ボケの際がジワッと溶けて美しい。それでいて、ピントが合った部分の解像も良い。これはいいものだ。

Read more

STFモードの加重平均の重み

私は間違っていた。手持ちSTFモードの合成にあたっての加重平均のパラメータ設定で。というのも、以下のSTFモード合成例を見てほしい。玉ボケがとろけているのは確かだが、左端にたくさんある「玉ボケだった溶けたボケ」に少し芯が感じられまいか。

Read more

25mm F1.2と45mm F1.2の感想の補足

前回に引き続き、M.Zuiko 25mm F1.2 Proと同45mmを使い倒している。10m先とか20m先とかにある建物やオブジェを撮りたかったので、中野の哲学堂公園に行ってきた。各建物やオブジェにつけられた絶対城とか宇宙館みたいなヘンテコな名前と由来の説明書きがビックリマン的な趣を醸し出す公園である。

Read more

25mm F1.2と45mm F1.2の屋外実写

M.Zukko 25mm F1.2 Proと同45mmを借りたので前回は近接撮影のテストをしたが、今回はそれらを持って街歩きをしてきた。早速だが、これは25mmの開放F1.2の例だ。50cmくらいの消火栓を撮るにあたっては、開放だと背景がボケすぎるくらいボケるのと、そのボケ味が綺麗なのがわかる。

Read more

25mm F1.2と45mm F1.2の近接描写

大口径レンズを使ってみたいなと思い立ち、サブスクリプションサービスで借りてみた。オリンパスのM.Zuiko 25mm F1.2 ProとM.Zuiko 45mm F1.2 Proだ。双方とも、でかくて重くて高いがよく写ると評判のレンズである。25mm F1.2はいわゆる標準画角レンズで、各所のレビューによると、解像度と透過率はいまいちだが、ボケ質が素晴らしいのと、軸上色収差が少ないのが美点だそうな。45mm F1.2はいわゆる中望遠レンズで、各所のレビューによると、透過率はいまいちだが、ボケ質と解像度が素晴らしいのが美点だそうな。実際どうか確かめたい。今回は近接撮影の描写を比較する。STFモードでの比較も行う。
f:id:fridaynight:20220415155504j:plain

Read more

トキワ荘と赤い靴

トキワ荘マンガミュージアムに行ってきた。かつて手塚治虫石ノ森章太郎などの漫画家が住んでいたトキワ荘という木造アパートを復元した博物館だ。建物は鉄筋コンクリート製で全ては復元なのだが、当時の雰囲気を再現しようとかなり頑張っていて好感。トキワ荘に関しては全例をSTFモードおよびクラシッククローム風仕上げで現像した。
f:id:fridaynight:20220410162621j:plain

Read more

武蔵野の桜

先週末の話になるが、今年の桜を最後に楽しむべく、自転車で各地を回ってきた。以下の例は航空公園のC-46A輸送機である。STFモードで撮ったので、やっぱ質感が良い。ボケ味が良くなるだけじゃなくって、階調も良くなって、「しっとり」あるいは「こってり」と形容すべき絵になる。
f:id:fridaynight:20220402173056j:plain

Read more