Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

豪鬼メモ

一瞬千撃

Lightroomのカメラプロファイルの色味その弐

オリンパス機とLightroomの組み合わせでうまいこと絵作りをする設定を前回から探っているが、さしあたっての結論が出た。この絵が好きだ。シャドーからハイライトまでくっきり視認できて、しかもフラットにならずに立体感がある絵。
f:id:fridaynight:20161202092935j:plain

Read more

Lightroomのカメラプロファイルの色味

OM-D E-M10のセンサーとLightroomの組み合わせでどんな絵がでてくるかを前回の記事で見てみたが、同じ現像ソフトウェアでも設定によって全く異なった絵を出力できるわけで、デフォルトの出力だけ見るのはあまり意味がない。それなりの設定をした上で自分の所望の出力が得られるかが重要なのだ。Lightroomでは、Camera Calibration - Profileの項目をいじると手軽に仕上がりを変えることができるので、まずはそれを試してみよう。これはNeutralの例。デフォルトよりコントラストが強く印象的な絵になる。
f:id:fridaynight:20161201000128j:plain

Read more

Lightroomよさげ

出張中にOlympus Viewerが使えなかったのでMacにバンドルされているPhotosで現像していたのだが、かなり描写が異なるので新鮮だった。描写を決める三大要素はレンズ、センサー(またはフィルム) 、画像処理エンジン(または現像工程)と言われるわけで、PC上で画像処理を担う現像ソフトについてもちゃんと考えた方がいいということか。そこで、デファクトスタンダード的な地位を得ているAdobe Lightroomも使ってみることにした。この例はE-M10にBCL0980をつけて撮ったものだが、色収差もワンクリックできちんと除去できたし、発色もデフォルトのままで好ましい。
f:id:fridaynight:20161127065814j:plain

Read more

ベイエリア散歩その弐

現地最後の週末なのではりきって朝から出かけたところ、虹が出ていた。嬉しい反面、それは雨模様であることを示しているため、先が思いやられる。MZ45。
f:id:fridaynight:20161119083913j:plain

Read more

ベイエリア散歩その壱

ベイエリアへの出張ついでにまた用もなくサンフランシスコに来ている。一通りの観光スポットは回ってしまった感があるのだが、散歩するだけでも楽しいのでまた来てしまう。朝からみんな大好き巨大ディーゼル列車Caltrainに乗ってサンフランシスコ駅に到着。
f:id:fridaynight:20161113093456j:plain

Read more

また高尾山

先日下の子を高尾山に連れて行った時の写真を見た上の子が「高尾山いきたいな」と時折言っていたので、また行くことにした。下の子は妻と花屋敷に行くことに。このように別行動で子を連れ出すことを当家ではなぜか「デート」と呼称している。
f:id:fridaynight:20161103113424j:plain

Read more

伊豆旅行

妻の誕生日を祝うべく、休みをとって伊豆半島に旅行してきた。娘たちと事前に予定をたてて、誕生日当日には旅のしおりを贈呈。MZ17。
f:id:fridaynight:20161007072627j:plain

Read more

碑文谷公園再開

10月3日から碑文谷公園の封鎖が解かれて利用できるようになった。鬱蒼としていて市街地から隔絶された雰囲気を味わえた以前の姿はもはや無くなっていた。公園を囲っていた樹木が切られて、開けた感じの公園になった。防犯カメラも据え付けられるなど、行政も頑張っている模様。MZ17。
f:id:fridaynight:20161009142019j:plain
f:id:fridaynight:20161009151126j:plain

Read more