豪鬼メモ

一瞬千撃

和英方向の語彙力診断

英単語の意味を知っているかどうか聞くことで語彙力を測定する診断サービスについて前回述べた。今回は、逆方向の質問を実装した。すなわち、日本語の意味を提示して、それに該当する英語の単語または熟語を選んでもらうというものだ。どちらの方が語彙力を測るのに向いているだろうか。まずは実際の和英方向の診断サービスを使ってみて欲しい。
f:id:fridaynight:20210214232235p:plain

Read more

英語力年齢診断・改

英単語の意味を知っているかどうかの質問に答えていくと語彙力が診断できるサービスを作った。英単語の獲得年齢データベースを使って、ネイティブ英語話者の何歳程度の語彙力に相当するかを検証するものだ。まずは、実際のサービスを使ってみて欲しい。
f:id:fridaynight:20210209013826p:plain

Read more

Word Wise風の英文自動和訳注釈サービス

長い英文を読みたいが、語彙力が足りない。未知語に会う度にいちいち辞書を引いていたら時間がかかって仕方ない。そんなあなたのために、英文の中の全ての単語とフレーズの意味を辞書で予め調べて注釈をつけるサービスを作った。これで赤毛のアンやトムソーヤの冒険を原文で読めるはず。
f:id:fridaynight:20210129133312p:plain

Read more

レベル別の英単語リストの自動生成

レベル別の単語集を自動生成するという目標を持って、今までいろんなデータを集めてきた。必要なデータは全て揃っているが、レベル別の単語集という体裁に整える前に、辞書内の単語を重要順に並び替えて表示する機能を作ってみた。だいたい直感に合う結果になったのではないかと思っている。

Read more

Wikipediaから作るN-gramフレーズ頻度DB

Wikipediaの英語版と日本語版のデータを解析して、単語Nグラムの生起確率のデータベースを作ってみた話。このデータは獲得年齢の推定にも使われるし、他にも様々な場合に単語やフレーズをポピュラーな順に並べるのに利用できる。誰かの役に立つかもしれないから、プログラムとデータを公開しておく。

Read more

英単語の獲得年齢の分析

英単語の獲得年齢の統計値を辞書に統合してみた。データがない語に関しては関連語から推定することで、主要な語のほとんどをカバーすることができた。このデータを使うと、実力別の英単語集や実力診断テストなどを自動生成することができるようになる。

Read more

和英辞書の語義正規化と伝搬による再現率向上

WordNetWiktionaryから作った統合英和辞書を転置して和英辞書を作る際に、訳語を正規化するとともに、関連語の訳語を伝搬して、再現率を高めようという話。公開運用サイトはこちらなので、使ってみていただきたい。これで再現率に関しては英辞郎に匹敵するようになったかな。
f:id:fridaynight:20201226033929p:plain

Read more

生田緑地と藤子F不二雄ミュージアム

子供達が最近よくドラえもんの話をしてくる。児童館で原作の単行本を借りて読んだり、ドラえもんを題材とした漢字の教材に取り組んだりしているためだ。これはよい機会と思い、藤子F不二雄ミュージアムに連れ出してみた。
f:id:fridaynight:20201122162422j:plain

Read more