豪鬼メモ

一瞬千撃

折りたたみ自転車Bromptonを購入

折りたたみ自転車(フォールディングバイク)が静かなブームなのかどうか知らないが、近年になって実用的なものが増えてきている。中でもコンパクトかつ軽快な走りをするという噂のBromptonブロンプトン)を買ってみた。
f:id:fridaynight:20160227220852j:plain


私が住んでいる上目黒から勤務地の六本木までは、4.9kmの道のりであり、自転車通勤には丁度いい。30分くらいで通えるので、往復60分の軽い運動ということになって、健康な生活をする上では最適だろう。一方で、オフィスビル内の駐輪場が一日500円という法外な価格設定なので、それだったら電車通勤した方がマシということになってしまう。このジレンマを解決するのが折りたたみバイクである。折りたたんでオフィスに持ち込めば金がかからない。さらに自分のアパートの駐輪場代も浮くし、家の中に保管できるので自転車自体も長持ちする。いいことずくめだ。

調べてみると、折りたたみ自転車の世界はなかなか奥が深い。いろんなブランドがいろんな形や特徴のある自転車を出している。基本的には以下のトレードオフのバランスをとるべく各社は取り組んでいるらしい。

  • 収納性や可搬性が高く、小さく折りたためるものほど、走行性能は悪くなる。
  • 複雑な機構を導入すると、脆くなったり重くなったり、折りたたみと展開の操作が面倒になったりする。
  • カーボンやチタンなどの軽くて強い素材は、値段が高くなる。

Web上でレビューを読みあさったり、自転車好きの知人に話を聞いたりした後、最終的には折りたたみ自転車専門店の店員さんと話し込んで、Bromptonに決めた。正確に言えば、Brompton S2L 2016年モデルのBlack editionである。知人にはBike Fridayを勧められたが、日本では流通していなくて4ヶ月待ちとのことで断念。その他、様々なメーカーを調べたが、最終的には定番とも言えるところに落ち着いた。
f:id:fridaynight:20160227140951j:plain

ネットで事前に調査したところによると、Bromptonは折りたたみ性能や剛性や耐久性に申し分ないという評判だが、ハンドルが軽すぎて直進性能が悪く、またタイヤの回りが悪いので巡航速度が悪くなるという話が各所に見られた。一方でORiの20インチはBromptonより大口径な割に小さくかつ簡単に折り畳めるらしいので、自転車屋に足を運んだ時点ではそちらが本命であった。店に入ってその話をすると、のっけからORiはメンテ性に難があるからおすすめしないと言われて、それよりはTyrellの18インチがおすすめだと。ロード車並に走れる折り畳み自転車というコンセプトで作られているらしい。国産だしコスパもいい。しかし、両方の折り畳みの実演を見たところ、Tyrellは面倒な上にあまり小さくならない。なら予定通りORiかなとなりそうになったが、そこで敢えてBromptonを勧めてくる店員さん。その態度は商売抜きなわけで、おそらく本当にBromptonを推したいのだろう。

そこで、Bromptonの良さを語ってもらった。やはり折りたたみ性能がピカイチなのと、耐久性やメンテナンス性で老舗だけのことがあるとのこと。そして、わざわざ小口径車を乗るなら、普通の大口径車と違う乗り味の方が楽しく、その意味ではTyrellはむしろ物足りないのだと。マニアならではの視点だ。さらに、Bromptonはタイヤの回りが悪いとの評判は内装ギアの非効率性から来ているはずで、それは外装ギアモデルにすれば感じないと。なかなか説得力がある。タイヤの口径が16インチなのは20インチに比べて走行性能に劣るというのは事実なので、それを踏まえて総合的に判断すべしと。晴れた日にまた来て外で試乗してから決めた方がいいとも言われた。
なら、家で悩んでまた来るかなぁとも思ったが、そうするとまたしばらく買わなそうなので、その場で決めることにした。

で、自分のユースケースを考える。上目黒から六本木までの4.9kmの行程に悪路はないし、巡航速度も20km以下だろう。そうなると、やはり走行性能より折り畳み性能の方を重視したい。出し入れするのが面倒だと乗らなくなるからだ。そう考えると、店員さんのBrompton推しに乗ってみるのも悪くはない。外装ギアモデルはS2Lの1モデルだけだが、ギアが2段だけなのも好感が持てる。レースでもないのに9段とかいらないし。折りたたみ自転車の中ではBromptonは人気機種なので、ちょっと差別化すべく、割高とも思えるBlack Editionを選択。ということで、金20万円なり。命を預けるデバイスなのでノートPCやデジカメより高いのは感覚的に納得がいくのだが、それにしてもいいお値段だ。誕生日プレゼント枠で買って貰えることになってはいるのだが、なかなかビッグな買い物であった。実は今月に誕生日があり、そこで家族から「好きな自転車が買える券」をいただいていたので、それを行使したものである。

そしてワクテカしつつ二週間待って、いよいよ納車。めちゃかっこいい。子供たちと相談して、すでにチルチル3号という名前をつけてある。
f:id:fridaynight:20160227152841j:plain
f:id:fridaynight:20160227152637j:plain

いざ乗ってみると、期待通りの走りをするではないか。ロードバイクの走りを期待すると期待はずれと感じるだろうが、ママチャリよりは遥かに軽快に走れる。ホイールが小径であることによる走破性の悪さを覚悟していたが、舗装路を走っている限りでは問題にはならないと思う。外装ギアのおかげか、ホイールの回転が悪いと感じることもない。くるくる回って軽い自転車というのが素直な感想だ。レビューでよく言われるようにハンドルがやたら軽くてふらつきやすいと感じるが、片手運転やよほどの高速走行をしない限りは問題無い。ただ、急な下り坂でスピードを出して降りようとすると正直ちょっと怖い。そういうシーンで無理にスピードを出さなくなるので逆に安全とも言えるが。

それからしばらくこれで通勤しているのだが、なかなかよい運動になる。S2Lモデルの2速しかないギアが面白い。当然ながら、平地を走る場合には重いギア(6.0m/回転)を使い、上り坂を走る場合には軽いギア(4.4m/回転)を使う。もし3速ギアだと、平地を走る時に、最も重いギア(6.8m/回転)だと重すぎて疲れるし、真ん中のギア(5.2m/回転)だと軽すぎるだろう。一方で、急坂だと2速の軽い方でもまだ重すぎてつらいことがあり、しょっちゅう立ち漕ぎする羽目になる。ただ、かなりの急坂でも立ち漕ぎすれば登れないことはないので、押して歩く必要はほぼない。ということで、この2速ギアというのはカジュアルな乗り方をする上で絶妙な設定だと思う。選択肢が2つしかないと割り切りが出てきて心理的に快適である。ズームレンズでなくて単焦点レンズを切り替えて使っている気分というかなんというか。

東京は何気に坂が多いということを自転車通勤で実感する。山とつく地名は実際に高くなっていて、川とか谷とかつく地名は低くなっているので、それらの間は必然的に結構な勾配の坂があるのだ。具体的には、東山→(下り坂)→目黒川→(上り坂)→代官山→(下り坂)→渋谷川→(上り坂)→青山→(下り坂)→西麻布→(上り坂)→六本木、という行程になる。西麻布が低くなっているのは外苑西通りとなって暗渠化されている笄川が存在しているためだ。とにかく、行きも帰りも絶対に3回は急坂を登らないといけない。それぞれの川は自分の進行方向に対して垂直に切ってくる流路であるため、避けることはできない。この地図をみるとそれがよくわかる。
www.google.com

まあ、急がなければ坂もそんなに苦では無い。むしろいい運動になっていい。基本的に有酸素運動であるサイクリングも、急坂を登る時は無酸素運動になるので、日常的に両方やるというのは循環系と骨格筋の両方が鍛えられていいかなと。

野沢通りの切り通し。戦争で開催されなかった東京オリンピックのために崖を無理矢理削って作ったそうな。
f:id:fridaynight:20160303105703j:plain

目黒川。再生水が流れててちょっと臭う時があるのだが、下流の方にいくとメダカとかもいるらしい。
f:id:fridaynight:20160303105940j:plain

西郷山。西郷従道の屋敷があったとか。代官山や恵比寿の方向に向かう中ではかなりマイルドな坂。
f:id:fridaynight:20160303110132j:plain
f:id:fridaynight:20160303110158j:plain

鉢山町。家賃高そうな住宅街。
f:id:fridaynight:20160303110507j:plain

渋谷駅。車道は怖いし、歩道はごちゃごちゃしてるし、歩道橋じゃないと遠回りしなきゃならなかったりと、とかく自転車に優しくない。
f:id:fridaynight:20160303111155j:plain
f:id:fridaynight:20160303111455j:plain

246の金王坂。ここも、渋谷から青山に至るルートの坂ではマイルドな方。
f:id:fridaynight:20160303111709j:plain

青山トンネル。もしも青学に通ってたら自分も華やかな学生時代が送れたであろうか。
f:id:fridaynight:20160303112041j:plain
f:id:fridaynight:20160303112128j:plain

西麻布は外苑西通り。五行っていうラーメン屋がなかなか美味い。
f:id:fridaynight:20160303112956j:plain

六本木についたら自転車を畳んでエスカレータに乗るとゴール。なかなかの達成感である。
f:id:fridaynight:20160323110615j:plain
f:id:fridaynight:20160303113506j:plain
f:id:fridaynight:20160303113624j:plain

折り畳んだ形態を眺めると、メトロイドの主人公のモーフィングボールを想起させてカコイイ。
f:id:fridaynight:20160323110952j:plain

それにしても、ルート選定が難しくて、まだ最適解が見つけ出せていない。走りやすいルートを選ぶとだいたい幹線道路になってしまうのが癪だ。交通量が少なくて勾配がきつくなくて最短にできるだけ近いのがいい。Google MapsNavitimeも246沿いのルートを第一に提案してくるのだが、どうも246は好かん。気分によっていろいろ道を変えてみるというのも楽しいので、いろいろ試してみよう。

折りたたみ自転車のよいところは、途中で雨が降っても、畳んでしまえば電車なりバスなりタクシーなりに乗ってすぐ撤収できるところである。その保険があるので、気軽に持ち出してどこにでもいける。そしてBromptonのよいところは、特に折りたたみと展開が簡単で、コンパクトにまとまるところである。それでいながら走行性能もそこそこ良くて、乗っていて楽しい。都市生活が捗るアイテムだ。

BIKE EQUIP (バイクエクイップ) ブロンプトン専用 輪行バッグ PB-C14

BIKE EQUIP (バイクエクイップ) ブロンプトン専用 輪行バッグ PB-C14