Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

豪鬼メモ

一瞬千撃

i-Finishもなかなかよいかも

OMDやPen等のオリンパス機において記憶色を強調する絵作りモードとして、i-Finishという機能がある。シーン判定して適度に彩度を上げるっぽい感じの挙動をする。今まで肌が不自然に赤っぽくなるので敬遠していたが、弱にして使うと結構いいなと思い始めてきた。

やはり肌が赤っぽくなるのだが、しばらく眺めているとまあそんなに変じゃない気もしてくる。その後でナチュラルを見るとむしろ物足りない気すらしてくる。慣れとは恐ろしい。
f:id:fridaynight:20150607112352j:plain
f:id:fridaynight:20150607115754j:plain


日陰のシーンでは色が感じにくいので、彩度を上げてもらっても違和感がほとんどない。
f:id:fridaynight:20150607111344j:plain
f:id:fridaynight:20150607121916j:plain

木々の緑が鮮やかに出るのもいい。でもやっぱり肌が赤い。
f:id:fridaynight:20150607123856j:plain
f:id:fridaynight:20150607113314j:plain

海や青空は、正直ちょっと不自然すぎるかな。あまり青くない空を青くしたい時にはいいのかも。
f:id:fridaynight:20150501102151j:plain
f:id:fridaynight:20150612083433j:plain

個人的には色味はSony機のスタンダードも結構好きなんだよね。ほどよく色が乗って、ほんのり寒色寄り。
f:id:fridaynight:20140803103026j:plain

i-Finishは、はまるといいんだけど、弱でも演出過剰と感じることもある。どんなときにはまるのかを今後考えていきたい。

ところで、α7R IIとRX100 IVが発表されましたな。それぞれ3200 USDと1000 USDということなので、40万と12万てとこか。高い。でも欲しい。 こういった新型センサーがオリンパスにも供給されるといいのになー。